2009年01月16日

「はり」と「パーキンソン病」

長野県佐久市にあります水嶋クリニックの院長先生は、東洋医学の考えをベースにした自律免疫療法を推奨されている有名な方で、精力的に出版講演活動をされています。

鍼灸治療や漢方薬を積極的に取り入れられ、患者さんは全国から泊まりがけでこられています。聞くところによると、現在新患さんの予約受診は半年待ちとのことです。

私ども統園鍼灸院は水嶋先生のご紹介先のひとつである千葉県下の治療院ですので、外房や近隣の県外からも前泊で治療に来られる方も少なくありません。

ハリの作用として免疫力アップ、自然治癒力のアップがございます。たとえ難病といわれる病も最終的には患者さんの自然治癒力にかかっています。病は気からですね。

鍼灸の効能と適応症


posted by 統園鍼灸院 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。