2009年02月21日

顔面打撲  医療と美容の相乗効果について

こんにちわ。うっかり転倒して顔面を打撲してしまい、お顔が腫れてしまったという高齢者は少なくありません。顔面打撲のみを治療対象とすることはほとんどありませんが、腰痛や肩こりなどいつもの継続治療のなかでのエピソードです。

Aさんは75才の女性です。足腰が、年齢相応に低下し、時々室内で転倒されます。転倒の仕方が上手なのか、幸い過去骨折に至ったことは一度もないのですが、転倒の度顔面を打撲してしまい、まるでおいわさんみたいーーーーと寂しそうに話されます。

腰痛などの治療と同時に私は顔面にハリを刺鍼し、そのあと当院併設サロンで使用しているエネルギー化粧品を塗布しますと非常に治りが早く3週間くらいですっかり元通りにキレイになりました。


ハリによる自然治癒力の強化と細胞のミトコンドリアに直接働きかけるエネルギー化粧品の相乗効果かと思います。

当院では、医療と美容は表裏一体と考え、健康美のトータルケアに徹して患者様のケアをしております。

引き続き、院長のお顔のトラブル編を次回のブログで公開します。


posted by 統園鍼灸院 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。