2010年06月02日

ハリと自律神経について

こんにちわ。さわやかな晴天続きですね。気持ちの良い毎日です。でもーーーーちょっと空気とか、空の雲の形とか、初夏というより秋の気配に近い冷気を感じます。

それが一つの原因かもしれませんが、このところいわゆる自律神経の不調と思われる症例が多くなってきています。

具体的には、漠然とした不安感、めまい、冷や汗、ゲッブがとまらない、手足のむくみなどなど。

病院に行って検査をしてもなんら以上が見当たらないのに体が何となく変だという方が多くなってきています。これらは自律神経のちょっとした乱れからきているのではないかと考えられます。


ハリを受けた方は皆さんなにか不思議な感覚がくるーーーといいます。体の中にすーっと何かが流れるような気分とか、治療前と治療後で目の前の明るさが変わるとか、空気が変わったなど、それぞれの言葉でハリ治療後の感想を語ってくださいます。

このようにハリには自律神経の働きを調整するという効能がありますので、気になる症状が続くようであればぜひ一度ハリ治療をお勧めします。統園
posted by 統園鍼灸院 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。