2010年04月02日

桜まつりと卒業式

こんにちわ。
いよいよあしたから桜まつりが始まります。あすの準備の都合もあり、本日も申し訳ないことに何人かのご予約をお断りしてしまいごめんなさい。最近週末は大変混みあっております。

今日は、つらい症状が完治し、あすからルンルンで良い週末を迎えることができた患者さんがいました。

通院、大変だったでしょ。明日からはもう心配ないですよ。おうちでできるセルフケアのアドバイスをぜひ実行してくださいね。そした、1ヶ月後もう一度状態をみせてください。

大体、こんな感じでクールを終了された患者さんをお見送りしています。季節は春。なんだか卒業生をお見送りする気分でした。

そのかたは、首からの神経が長期間圧迫されていて、3ヶ月ほど左腕がほとんど動かせない状況でした。

鍼治療に対し、半信半疑だったと思います。大丈夫。きっとよくなりますよエールを送り続け述べ8回の治療で日常生活に支障がなくなりました。

先生、どうもありがとう。どうぞお元気で。統園鍼灸院よりまたひとり卒業生をお見送りしました。統園


posted by 統園鍼灸院 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

和風先生の続きです

こんばんわ。
みなさん、ストレスの原因の一番は何であるかご存知ですか。

お金がないことでも、時間がないことでもなく人間関係の悩みが1位だそうです。言われてみればそうかもしれません。

喜びも悲しみもヒトとの関係性から生まれてきますから。人生の幸不幸は人間関係次第でしょうかーーーー。

気が合う、気がおけない、気楽だ、気が引き締まるなど気、つまり空気が一つの人間関係を結ぶキーワードになってますね。空気読めないKYは代表格か。


水くさい、水をあける、水を差すーーーこれらは人間関係の距離をはかるキーワードですね。

陰ひなた、うらおもては光があるから影が生じる。同じ人物の中に青臭い部分や腹黒い部分、白々しい部分などその人の性格の一面を表現する言葉には色が多いと思いませんか。

色は光のエネルギーに作用を受け、青にも赤にも黄色にも白にも黒にも変化します。東洋医学ではこれを五行といいます。

仏教に造詣が深かった和風先生はひとが人として生きていくために一番大切なものは日光と空気と水と繰り返し何度も語りかけてくださいました。

日光と空気と水は私たち人類が幸せに生きるための大切なキーワードかもしれません。統園
posted by 統園鍼灸院 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鍼の神様 藤本和風先生

こんにちわ
今日も一日無事終わりました。治療をしていると時々、何かの御加護をいただいて、患者さんの身体が劇的に良くなることがあります。

そんな時、先生ありがとうございますと心の中で唱えるのが故藤本和風先生です。鍼の神様とよばれ、関西では超有名な北辰会代表藤本蓮風先生のお父様です。

御縁あって数年ほど和風先生の研究会無極会に参加させていただいておりました。先生の講義は奥が深すぎて、浅学の私には理解出来ないことばかり。

そのころから数年たった今、和風ノートから、ピンとひらめくものがときどきあらわれて、我ながらナイスと感動する手ごたえを感じることしばしば。

和風先生が神様と呼ばれる由縁はただ鍼の技術が卓越しているという単純な世界ではなく、宇宙観というか、律に基づく支配でツボをコントロールされるので、私たちの体が治るべくして治るーーーー。

患者さんの心身の不調ははどこからきているのか、それを調整していくキーワードは何かーーーー。どれだけ深い洞察力がもてるかーーー。それが治療家の器というものでしょう。

次の機会に先生がこれは重要とおっしゃってたみっつのキーワードについて書きます。統園
posted by 統園鍼灸院 at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

ヒロリンをご存知ですか

こんにちわ。今日も前回に引き続き、私のお世話になっている先生の紹介をさせてください。

ヒロリンってご存知ですか。ピロリ菌ではありません。千葉県我孫子市で開院している月辰会整骨院の院長肘井博行先生のニックネームです。
http://www.gesshinkai.co.jp/

この先生は本当にすごい人です。治療技術は天下一です。全国の治療家仲間があこがれる先生です。

けど、全然偉そうじゃなくて私のようなものでもメル友してくださり、本当にいろいろ面倒見ていただいております。感謝

2−3時間待ちを覚悟でも一度は治療を受けてみる価値は大ありです。お勧めの治療院です。でもーーーーー

次のような方は相性が悪いかもしれません。
1、受付をしてどうしても10分に内に治療を受けたい方
2、男性の治療はどうしてもダメという方
3、マッサージをしてくれないとどうしてもイヤという方
4、治療はハリに限ると強いこだわりのある方

以上の方は統園鍼灸院でフォローさせていただきますので、御来院お待ちしています。統園

posted by 統園鍼灸院 at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

もうすぐ年に一度のさくらまつりです

こんにちわ。さくら通りの桜の木々もうっすらとピンク色に染まってきました。あいにく昨日今日と花冷えです。

今年のさくらまつりは4月の3日、4日の二日間開催されます。お天気が心配です。

さくら通りは六実交番入口から六実陸橋までの約1キロにわたる直線道路でお祭りの期間は歩行者天国となり、屋台がずらりと並びます。

普段は閑静な住宅地なので、夕方から犬の散歩や夜間ジョギングする人たちがすれ違うくらいですが、お祭りの期間は盆と正月がいっぺんに来たようなにぎやかさです。

統園鍼灸院では4日日曜日イベントを開催します。日ごろお世話になってます千葉のアクア鍼灸整骨院さま

http://www.momimomi.jp/

のスタッフ梶先生、小林先生、伊藤先生にお手伝いをしていただき、さくらまつり限定マッサージキャンペーンをします。

韓流スター真っ青のイケメン男子3人組みです。20分1000円で、イケメンマッサージをお楽しみください。院内には無料のカフェバーもあります。

歩き疲れたら、ちょつと統園鍼灸院で一休み。
皆様のお越しを心よりお待ちしています。統園



posted by 統園鍼灸院 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

本日予約取れなかった皆様へ

本日、何人かの方をお断りせざるをえなく、申し訳ありません。

すみません、ちょっと今日はいっぱいでーーーというのは本当に心苦しいです。

患者さまから何曜日がいちばんすいていますかとよく聞かれるのですが、ほんとこればかりは予想がつかず返事に困っています。


最近の動向として、木曜日と金曜日はパーキンソン病のかたの治療とリハビリが集中しているので、やや込み合っております。

また土曜日は17時まで、院長ひとりということで若干予約が取りにくい状況が続いております。

キャンセル待ち受付をしておりますので、どうぞ今後ともよろしくお願いします。統園
posted by 統園鍼灸院 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

治療家仲間のご紹介

こんにちわ。
開業して10年少々がたちました。これもひとえに皆様の支援があったからこそです。あらためてありがとうございます。

で、ときどき、私がお世話になっている仲間をご紹介します。本当に素晴らしい先生方ばかりです。今日ご紹介したいのは鎌ヶ谷市で開業している鎌ヶ谷中央鍼灸院の柴山武先生、通称シバチャンです。

http://www11.ocn.ne.jp/~kama/
ホームページを見てあげて下さいね。舘ひろしに似てると思いませんか。わたしだけかなーーーー。

シバチャンとは同じ勉強会に所属しているので、大変お世話になっています。顔もいいけどもちろん腕も確かです。治療はやっぱりイケメンのおとこのせんせいでなくちゃーーーというかたはぜひ一度治療を受けてみてください。

そして、感想をぜひとも統園鍼灸院のブログにコメント投稿してくださいね。
posted by 統園鍼灸院 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

パーキンソン研究の続きです

補足ですが、千葉鍼灸学会の紹介をさせていただきます。千葉県鍼灸マッサージ師会の酒井茂一先生が中心に運営しています。

千葉鍼灸学会
イベント | 2010-02-10 (水) 第一回PD研究について(第2期募集)
Sitemap | Contact Us Home 入会案内 定款 役員紹介 お知らせ お問合せ パーキンソン研究
総登録リンク数 12 件
研究施設 (12)


今後の予定
3月25日
中島先生、高橋先生 担当日
4月1日
高橋先生 担当日
4月1日
志茂田先生 担当日
4月8日
志茂田先生、高橋先生担当日
4月15日
志茂田先生、高橋先生、市野先生担当日
他 8 件

メインメニュー
ホーム ニュース イベント カテゴリ - イベント カテゴリ - 研究 メール通知の登録 予定表 FAQ リンク集 施設紹介 お問合せ サイトマップ mobile 決議事項

ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
カレンダー
2010年 2月
日 月 火 水 木 金 土
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<今日>


千葉鍼灸学会事務所
〒286-0044 千葉県成田市不動ヶ岡2026-1 酒井はり灸院内電話0476-24-0617 TOP - イベント - 研究 - 2010-02-10 (水) 第一回PD研究について(第2期募集)

[終] 2010-02-10 (水) 第一回PD研究について(第2期募集)

担当者 admin 登録日時 2009-12-14 10:44 (68 ヒット)

鎌ヶ谷総合病院において実施します。

【研究計画書】

1.研究課題名:

パーキンソン病に対する鍼灸治療の効用に関する共同研究:
運動効果、QOL評価、L‐ドーパ濃度に及ぼす影響

2.研究組織:

湯浅龍彦    鎌ヶ谷総合病院  主任研究者
酒井茂一    千葉鍼灸学会   会長
箕輪政博    千葉鍼灸学会   副会長・研究部長
中島勝美    千葉鍼灸学会   副会長・総務部長
平山康雄    千葉鍼灸学会   広報部長
志茂田典子   千葉鍼灸学会   学術部長
石丸圭荘    千葉鍼灸学会   研究副部長
金井正博   (社)全日本鍼灸学会 専務理事 千葉鍼灸学会相談役
元吉正幸    千葉鍼灸学会   学術副部長
大宮貴明    千葉鍼灸学会   会員
清水暁雄    鎌ヶ谷総合病院 (研修鍼灸師)
野元正弘    愛媛大学     創薬育薬センター長・教授

3.研究の背景と目的:

わが国では、明治以来鍼灸と西洋医学はそれぞれ別の発展を遂げてきたが、今日、代替医療、或いは補完医療として、両者の共同医療の重要性が叫ばれるようになった。その中で、患者の症状を緩和し、苦痛を除去する技術として、或は未病の手段として、鍼灸の効用が再評価されようとしている。本研究では、既に西洋医療で加療中のパーキンソン病患者に対して鍼治療を実施し、その後の症状の推移を検討すると共に、客観的評価指標を用いて鍼治療の効用を評価することを目的とする。

4.研究方法:

研究の趣旨を説明した上で、同意の得られた患者に対して、以下の通りに鍼灸治療を実施する。(1)西洋医学的治療は原則継続する。(2)鍼灸の施療術は、各鍼灸師の術式による。同一患者は同一鍼灸師が施療する。(3)試験期間は8週として、この間の鍼灸の施療は一週に一度とする。(4)評価項目は、Hohen-Yahr(ADLスコアー)、PDQ-39(QOLスコアー)、UPDRS(運動スコアーなど)、Beck うつスケールである。(5)生物学的指標として、血中L‐ドーパ(昼食後・抗パ剤服薬前、後30分、60分、120分間隔の採血で)測定する。以上の評価とチェック時期は、試験開始直後、4週間後、8週後の3回とする。

5.研究のデザインと目標症例数:

探索的オープン試験。20例を目標とする。
6.研究等の期間:主任研究者施設での倫理審査会の承認が得られた後から開始し、目標症例数(オープンスタデイ)達成までの期間(2年間を見込む)とする。

7.研究等の対象及び実施場所:

鎌ヶ谷総合病院等分担研究者用施設を受診したパーキンソン病患者で、本試験の趣旨を理解して、同意される方を対象とする。鍼灸治療の施療者は、本研究の分担研究者がこれに当たる。施療の場所は、本研究に参加する主任研究者、並びに分担研究者の所属施設とする。

8.研究等における医学倫理的配慮について
((1)−(3)は必ず記入のこと)

(1)研究等の対象とする個人の人権擁護
 本研究に参加して頂くパーキンソン病患者(以下被検者)には、本研究の目的と趣旨を文書をもって十分に説明し、参加同意の得られた者のみを対象とする。且つ、同意の有無は全く患者本人の自由意志であり、例え、本試験への参加に不同意であってもその後の治療に不利益を被ることはなく、従来通りの必要な治療は継続されることを約束する。
そして、本研究に参加したという事実において、個人のプライバシーは守られ、後に、結果が公表される場合にあっても、個人の名前が直接公表されるものではない。
今回予定している試験では、パーキンソン病の従来からの治療は継続される。その上に鍼灸治療が付加されるが、その鍼灸治療の手技はすでに一般的に治療法として確立した方法を用いるのであって、何ら未承認の新たな施療をするものではない。

(2)研究等の対象となる者に理解を求め同意を得る方法
 別添で示すように参加協力を求める本人に文章をもって説明し、同意を得る。

(3)研究等によって生ずる個人への不利益及び危険性並びに医学上の貢献の予測
本研究は、現在広く実施されている鍼治療を行って、その効果・効用を評価しようとするものである。実施する鍼灸は既に承認されたものであり、本研究に特有の新規の技術を開発するものではなく、その意味で危険は全くない。敢えていえば、評価に際して本人に対する短いアンケート調査、或いは、L‐ドーパの血中濃度測定に所定の採血があり、それには協力していただかなければならない。その点は十分よく説明して同意を得て実施する。また、今回は、鍼灸の施療に係る諸費用は、本研究組織で負担するのであって、被検者への新たな負担は生じない。

以上によって得られる結果への期待は大である。即ち、結果を客観的に評価しようと企画されているので、今後のパーキンソン病に鍼灸/東洋医学をどのように取り入れて行くのかの考え方を刷新し、我が国における代替・補完医療としての鍼灸医療と西洋医療の関わり方に関する考え方、更には、新たな時代の医学と医療の在り方にも一石を投じる試金石ともなるものと考える。

9.研究の時間的な流れと手順

 *別紙「研究の時間的な流れと手順」を参照。


開始時間 19時00分
定員数 10人
posted by 統園鍼灸院 at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パーキンソンの研究

お久しぶりです。最近千葉鍼灸学会という組織に入りました。ここでは鎌ヶ谷総合病院と共同研究していまして、ハリ治療によるパーキンソン病の患者さんの治験を実施しています。

私も4月より患者さんを担当します。一週間おきにのべ9クール行います。経過報告は随時行いますので、ぜひご覧になってください。
posted by 統園鍼灸院 at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

おかげさまで1周年

松戸に移転しまして、おかげさまで1周年を迎えることが出来ました。9/12は1周年のイベントを行いました。あいにくの雨天にもかかわらず、終日たくさんの方々がお越し下さり感謝しております。

この日は、30分1000円ではりきゅう治療を行いました。年間を通じて定期的にイベントを行います。はりきゅうを身近に感じて頂き、美容と健康のお手伝いができますようがんばります。
posted by 統園鍼灸院 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。